お子様の世界をより素晴らしいものにするために

子供の認知の発達プロセスはそれぞれです。すぐに学習する子もいれば、時間のかかる子もいます。なかでも、自閉症スペクトラム障害(ASD)と診断された子供たちは、学習段階でより多くの困難にぶつかり、順調に進めない事が多々あります。しかし、学習障害のある子供たちの多くが、それぞれの得意分野を持っています。IMPUTEは、それぞれの子供の学習ニーズに対応したデジタルセラピーの開発に取り組んでいます。

子供の総合的な発達を支援するデジタルセラピーの提供を目標に、デジタルRx(DTx?)の開発を専門としています。これは、自閉症、ADHD、および一般的な学習障害に対処に非常に効果的な方法であり、可能な限り個々のお子様のニーズに沿った療育を提供できるよう設計されています。

<自閉症のためのデジタル療法(DTx)

IMPUTEは、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供たちを対象とした、デジタル療法(DTx)分野のパイオニアです。特許取得済みのソフトウェアプログラムにより動作する、高品質アプリ「自閉症セラピー」を通じて、根拠に基づいたセラピーを提供しています。自閉症療育における課題として、巨額な費用と、訓練を受けたセラピストの深刻な不足がありますが、このアプリにより、従来の治療法の数分の1のコストでの療育の提供が可能となります。

AIベースのアプリを介したデジタル療法を提供します。人間のセラピストによる介入を必要としないため、いつでもどこででもアクセスしサポートを受けることが可能です。それは、 私たちのAIアプリには、子供たちが絶えず学習して改善できる機械学習(ML)メカニズムがあるためです。 個々のニーズに沿った、パーソナライズされたプログラムを提供し、こどもの学習状況に合わせ、AIの指導が進行します。 ディープデータマイニングで、進捗データを収集し、保護者が理解しやすい方法で表示します。 当社のデジタルセラピーアプリは、表情、眼球、および体の動きを追跡して、子供の行動の情報を取得し、学習の強化に役立てます。

応用行動分析

応用行動分析(ABA)は、子供がポジティブな強化子を得ることを通して、社会的、コミュニケーション、および学習スキルを向上させることを目的とした療育方法の一つで、自閉症スペクトラム障害(ASD)の子供たちの最も標準的な治療法であると考えられています。 IMPUTEは、ABAと同じ基本原則を使用し、お子様の特定のニーズに適応できるソリューションを開発しました。

IMPUTEで働きませんか?

IMPUTE Inc. は、斬新な医療提供システムの確立に情熱的に取り組んでいます。現在、 最新のテクノロジーを組み合わせた、新しいデジタル治療薬を開発中です。

私たちの新しいアプリにより、認知障害に苦しむ人々を支援することを目指しています。 同じ情熱を共有する方、ぜひ、IMPUTEにご参加ください!

今すぐご参加ください

最新ニュース

Imputeは最近、TEP(Tx Entrepreneurs Partners)、Arco Partners、およびその他のエンジェル投資家からプレシリーズAラウンドを調達しました。

Imputeは、国立成育医療研究センターとASDデジタル療育アプリの共同研究開発プログラムに署名しました。

https://project.nikkeibp.co.jp/bpi/ atcl/column/19/102700113/

IMPUTEの自閉症療育への取り組みとゴールに関する日経BPの記事。